楽天ポイント

楽天ブックスは在庫ありでも在庫切れ

楽天ブックスはオープン5周年記念ということで、日本全国送料無料のキャンペーン中です。
通常、amazonなどは1500円以上お買いあげで送料が無料になりますが、楽天ブックスは料金に関係なく、全商品送料無料です。

390円のコミックも、400円の文庫本も送料無料です。
そして、楽天ブックスの購入には楽天ポイントが1%貯まります。

ただ、楽天ブックスの在庫管理はウソだというのが、問題です。
つまり、楽天ブックスで在庫状態が、「在庫あり(1?3日以内に出荷)」となっていても、在庫があって1?3日以内に出荷されるというわけではないのです。

まどろっこしい言い方をしてますが、実際に楽天ブックスで、欲しい書籍を見つけ、在庫を確認し、注文しますよね?
あとは届くのを待つだけ、と思いきや、その翌日に、「在庫切れのため、キャンセルさせていただきました」というメールが届くことがあります。

在庫あるんじゃないですか???



まあ、それだけなら、仕方ないというか、そんなこともあるよなぁ、と済ませられるんですが、さすがは楽天クオリティ。
「在庫切れのため、キャンセルされた商品」のページを見に行くと、なんと在庫のステータスは変わらず、「在庫あり(1?3日以内に出荷)」になっているのです。

そして、在庫切れのためキャンセルメールを受け取った直後に、同じ商品をもう一度注文すると、そのときはその期日どおりの届くのです。

もちろん、いつもというわけではなく、さまざまな不確定な要素が重なっての出来事かもしれません。
でも、amazonがサイト上でお届け日を明確に謳っているのを見るとその差は歴然としてますよね。

楽天ポイントさえなければ、amazonを間違えなく利用するんですが・・・

まあ、一応楽天ブックスのお世話になっているので楽天ブックスのお得な利用方法を。
楽天ブックスはさまざまな企業と提携があるので、通常よりも安く本を買うことができます。

たとえば、A8.net楽天ブックスのプログラムに参加し、自己購入をすれば5%がA8.netを通じでバックされます。
また、UFJカード viasoカードを持っても5%オフです。

VIASOカードは、VIASO eショップという特定のネットショップで決済をすれば、ポイントバックが行われるサービスを行っています。

楽天ブックスもそのショップの1つで、5%還元になります。

サイトやブログをお持ちの方は、A8.netを。
お持ちでない方は、VIASOカードをオススメしておきます。
VIASOカードのVIASO eショップはかなり大手の企業も参加しているので、それだけでもVIASOカードに参加する価値はあると思います。


年会費無料!ポイントオートキャッシュバック!お得がいっぱいVIASOカード!

関連記事

  1. 楽天カード

    楽天ポイント4倍のチャンス???

    8月15日(水)にヴィッセル神戸が勝利しました!勝利を祝して8月1…

  2. 楽天ポイント

    ヴィッセル神戸J1復帰が決まった翌日は全ショップポイント2倍

    サッカーJ1・J2の入れ替え戦に我らが(笑)ヴィッセル神戸が出場しま…

  3. 楽天ポイント

    ローソン×楽天市場 コラボキャンペーン

    ローソンの買い物の際にTSUTAYAカードを出すことで、Tポイントが…

  4. 楽天カード

    8月23日楽天ポイント2倍と、楽天ポイント5倍キャンペーン

    8月22日(水)に楽天イーグルスが勝利しました!勝利を祝して8月2…

  5. 楽天ポイント

    【要注意】ポイント2倍には、再度エントリーが必要です/楽天市場

    昨日はおめでとうございました。「楽天イーグルスが勝利!7月3日…

  6. 楽天カード

    [期間限定]楽天カード 3000ポイントキャンペーンと楽天ブックスポイント7倍中

    いつものあれ、ですが、楽天カード 3000ポイントキャンペーンはじまっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コンビニ払いができるクレジットカード

    6月末まで!コンビニ払い停止までに、駆け込みで持ちたいカード
  2. 陸マイラーのマイレージブログについて

    「ポイント資産」 1人平均6万円?
  3. ANA アメックス

    ANA AMEXカードの申し込むタイミングは今?それともまだ?
  4. 未分類

    ANAアメックスカード、楽天Edyチャージでマイル&Edy10,000円分プレゼ…
  5. アメリカンエキスプレスカード

    アメリカン・エキスプレス新社長 清原正治氏インタビュー 「より広く、深く」とは?…
PAGE TOP