ユナイテッド航空

ユナイテッド航空(UA)/マイレージプラスとは

ユナイテッド航空(UA)が行っているマイレージプログラム「マイレージプラス」は、ユナイテッド航空、Ted、ユナイテッド・エキスプレスの他に、スターアライアンス加盟航空会社でのマイル加算ができます。

マイレージ有効期限は、「18ヶ月に1回のマイル増減で、さらに18ヶ月有効期限が延長される」というもの。

加算してから2年後の年末で順次有効期限が切れてしまう「JALマイレージバンク」「ANAマイレージクラブ」よりは有利で、会員自身のペースで気長にマイルを加算することができるのが特徴。

スター・アライアンスとANA

ユナイテッド航空もANAも同じ航空グループ「スターアライアンス」に属しています。
同じ航空グループに属しているとどういうメリットがあるか。

それは、ANAに乗って、ユナイテッド航空のマイレージをためることや、その逆に、ユナイテッド航空に乗って、ANAのマイレージをためることができるようになります。

ユナイテッド航空マイレージプラスとANAマイレージクラブの比較

さて、ユナイテッド航空マイレージプラスとANAマイレージクラブの違いについてです。

マイル有効期限

最後にマイレージが増減してから、18ヶ月というユナイテッド航空マイレージプラスに対して、ANAマイレージクラブは、取得した日の2年後の12月31日まで。
つまり、最大で3年までです。

マイレージプラスは、マイレージが1年半に1度増減していれば、事実上無限に繰り越せるのですから、期限だけを考えれば、マイレージプラスのほうがお得です。

ユナイテッド航空搭乗マイル
(ユナイテッド航空に乗っても、ANAマイレージはたまります)

ユナイテッド航空は、格安航空券であっても、マイレージは100%加算されます。
ANAマイレージの場合、格安航空券で50%、正規割引運賃であれば、70%加算です。

ANA 国際線搭乗マイル
(ANAに乗っても、ユナイテッド航空のマイレージはたまります)

国際線のフライトマイルは、どちらのマイレージカードを出しても同じです。
格安航空券で50%、正規割引運賃で70%、普通運賃で100%加算です。

ANA 国内線搭乗マイル

普通運賃はどちらも100%加算。
正規割引運賃は、ANAで75%加算、ユナイテッド航空で70%加算です。

一番のポイントは、格安航空券で、ANAで50%加算、ユナイテッド航空は0%、加算されません。

フライトマイル、まとめ

格安航空券というのは、いわゆるパッケージツアーのときの航空券の種類です。

海外旅行にパッケージツアーで旅行する方は、ユナイテッド航空を。
国内旅行にパッケージツアーで旅行する方は、ANAを。

ものすごく大雑把なわけ方ですが、ひとつの目安にはなりますよね。

特典(無料航空券)交換

無料航空券の交換に必要なマイル数も、両社で異なります。

路線ごとに若干異なりますが、ANAほうがより少ないマイルで交換ができる傾向にあります。

ただ、日本国内の往復無料航空券(もちろん、ANA便利用)は、どちらも15000マイルで交換可能です。

特典航空券の譲渡、マイレージの購入

ANAは特典航空券の利用方法にも細かい制限があり、2親等以内の親族にのみ譲ることができます。
一方、ユナイテッド航空マイレージプラスは、誰にでも譲渡可能。
友人らのために、特典航空券を発行して一緒に旅行ということもできるのです。

また、ユナイテッド航空マイレージプラスは、マイルを購入することができます。

 1,000マイルから5,000マイル・・・US$2.75/1マイル
 6,000マイル以上・・・US$2.5マイル/1マイル
 別途連邦消費税7.5%+手数料US$35

あと、数マイル足りないときの非常手段としての道が残されていますので、いざというときには便利です。

ユナイテッド航空マイレージプラス まとめ

海外旅行に数年に1度は行く人、またはマイレージを気長にためたい人向けのプログラムです。
また、生活圏が日本国内ではなく、アメリカにある人などは、ユナイテッド航空のマイレージのほうが使い勝手がいいでしょう。(当たり前ですが・・・)

3年間で15000マイルをためられるか、がひとつのポイントになるかと思います。

それがムリであれば、ユナイテッド航空のマイレージを少しずつ、こつこつとためていけば大丈夫。

少しでもマイレージが動いていれば、期間が無限になることを利用して、場合によって、使い分けるというのも、上級のマイラーさんならば手かもしれません。

スイカとパスモ、陸マイラーはどちらを選び?・・・答えはランキングから!


マイレージ・プラスをためるクレジットカード

ユナイテッド航空(UA)のマイルを貯めることができるクレジットカードは3種類あります。

すべて申込をして、入会ボーナスマイルをもらう、というのもひとつの方法ですけれども、すぐに解約をしてしまうと、クレヒスにキズがつく可能性がありますので、ご注意を。

現在、マイレージ・プラスJCBゴールドカードが年会費無料のキャンペーン中です。
もし今から、クレジットカードを作ろうと考えていらっしゃる人にはオススメです。

外資系マイレージクレジットカードらしく、入会ボーナスなども日系マイレージクレジットカードに比べ、太っ腹です。

マイレージ有効期限は、「18ヶ月に1回のマイル増減で、さらに18ヶ月有効期限が延長される」ので、クレジットカードを18ヶ月に1度利用し続けている限り、無期限になるので、のんびりマイレージをためることができます。

関連記事

  1. マイレージプラス

    マイレージ・プラスJCBカード

    マイレージ・プラスをためるクレジットカード、3枚目は、マイレージ・プ…

  2. ユナイテッド航空

    マイレージ・プラスUCカード

    マイレージ・プラスをためるクレジットカード、2枚目は、マイレージ・プ…

  3. マイレージプラス

    マイレージ・プラスJCBカード ゴールドカード初年度年会費無料

    ユナイテッド航空のマイレージがたまるマイレージ・プラスJCBカードの…

  4. ユナイテッド航空

    マイレージ・プラス セゾンカード

    マイレージ・プラスをためるクレジットカード、1枚目は、マイレージ・プ…

  5. マイレージプラス

    ユナイテッド航空マイレージプラスとANAマイレージクラブの比較、違い

    ユナイテッド航空マイレージプラスとANAマイレージクラブの違いについ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 陸マイラーのマイレージブログについて

    サイトリニューアルのための準備中
  2. クレジットカードの審査について

    学生とか家事手伝いの人々のカード審査
  3. UFJカード

    改悪されていくUFJカードの使い方
  4. 楽天KCカード

    楽天KCプロントカード
  5. マイレージ関係未分類

    アイフォレックス / FX投資でマイレージを貯める
PAGE TOP